INFORMATION

お知らせ

ニュース

2017.02.21

「松浜第2排水区幹線248~282下水道工事 」竣工のご案内!

表記の通り、「松浜第2排水区幹線248~282下水道工事」が竣工いたしました。

それでは、「現場代理人の声」をどうぞ!

 

本工事は、新潟市が策定した『下水道中期ビジョンのなかの施策:雨に強い都市づくり』

に基づき計画された浸水対策を目的とした事業です。

施工場所は、集中豪雨の際に度々道路冠水を起し被害が出ていた地区で、その浸水被害

を軽減する為の貯留施設(道路浸水時の雨水を一時的に溜める)を、同地区の新潟市道

松浜線の道路下約8mの深さで500mを推進工法(トンネル工法)によって敷設する

工事でした。この工事は平成26年12月に受注し約2年2ヶ月の長期に渡る施工現場

であり色々な苦労がありました。その中でも、作業場所(3立坑)が新潟市道上であり、

特に発進立坑では終日(昼夜)での片側交互通行規制を行い、沿線事業所に出入りする

大型車両(トレーラー等)の通行を確保しながらの施工が条件で、その期間中の交通並

びに安全管理の活動や地元通行関係者(事業者等)との調整等が約1年4ヶ月と長期に

わたりその管理活動で大変苦労いたしました。

そのような苦労の中、施工におけるメイン工種である推進工(貯留管敷設)が無事故で、

かつ高精度な出来ばえで到達出来た時の感動と喜びはひとしおでした。(写真15)

また、建設業界への担い手確保を目的とした近隣の松浜小6年生とちとせ保育園の園児を

招いての見学会、北区役所関係者様並びに松浜地区自治会代表者様を招いての貯留管内

見学会など、さまざまな取り組みにより地域の皆様方との良いコミュニケーションがと

れ、子供達には建設業界に興味を持っていただく事が出来たと考えております。

最後になりますが、長期にわたる工事が無事に竣工出来ましたのも、ひとえに地域の皆様、

発注者様ならびに協力業者の皆様方による多大なるご理解とご協力をいただいたたまもの

と感謝申し上げます。大変、お世話になりました。ありがとうございました。

 

1.着手前                     2.竣工

tyakumae shunnkou

 

3.着手前                     4.竣工

tyakumae2 shunnkou2

 

5.Φ2,400mm掘進機          6.推進施工中(発進立坑内)

kussin2 sekoutyuu2

 

 

7.推進施工中(発進立坑地上部)        8.推進到達状況(到達立坑内)

sekoutyu1 suisinntoutatu

 

9.松浜小6年生見学会               10.質問回答会(ペッパー登場)

kengaku1 kenngaku2 

11.北区役所、地元自治会見学会          12.貯留管内見学

kenngaku3 kenngaku4

 

13.推進完了後管内(曲線部)             14.ちとせ保育園園児自画像の掲示

suisinnkannryou ennjinoe

 

15.推進到達時に工事関係者集まっての記念撮影!

toutatu

 

 

このページの先頭へ