品質・環境方針

  1. 3Q6Sを基本精神とする

    3Q:良い社員・良い製品・良い会社 / 6S:整理・整頓・清掃・清潔・作法・しつけ

  2. 顧客満足の向上を図る

  3. 社員の技術力向上を図る

  4. 企業活動を通じて地域社会に貢献する

  5. 安全管理・労働災害防止を積極的に取り組む

  6. 環境に配慮した工法・商品を提案し環境改善に貢献する

  7. SDGsに取り組む

  8. 環境美化活動に積極的に取り組む

適用及び引用規格
JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)
JIS Q 14001:2015(ISO 14001:2015)

適用範囲
(品質・環境マネジメントシステム:QMS/EMS)「土木構造物・建築構造物の施工及び設計、不動産開発に関わるサービスの実施」

一般事業主行動計画

令和3年4月1日

社員が仕事と家庭(子育て含む)を両立させることができ、働きやすい環境を作ることにより、
全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため次のように行動計画を策定する。

計画期間

令和3年4月1日 ~ 令和5年3月31日の2年間

内容

目標1:社員に対し育児・介護休業法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の改正等がある場合は、周知を迅速に行うため、グループウェアを使用し周知できるようにする。
※育児・介護関係の規定は今まで通りHPよりダウンロードが可能
<対策>
  • ・令和3年4月 ~ 制度改正がある場合はグループウェアに掲示。
目標2:若年者に対して建設業に興味を持ってもらう為、インターンシップ等や見学会を継続して実施する。
<対策>
  • ・令和2年7月 ~ 受け入れ先である建築・土木事業部の意見を確認。
  • ・令和3年6月 ~ 学校訪問またはメールで、インターンシップ受入継続の案内を行う。
目標3:仕事と家庭の両立のため時間外労働を削減するためノー残業デーの継続
<対策>
  • ・令和2年12月 ~ 令和元年から実施しているノー残業デーの効果を確認。
  • ・令和3年4月  ~ ノー残業デーの無期限継続を決定
目標4:子育て・介護支援のため従業員の希望を確認し、育児・介護休業法(休暇や所定労働時間の変更、時間外労働免除等)で制限された日数や時間より多くても従業員の希望に沿えるよう柔軟に対応する。
<対策>
  • ・令和3年1月 ~ 子育て世代の従業員よりニーズの確認
  • ・令和3年5月 ~ 当社、掲示板に案内を掲載し周知する。

一般事業主行動計画(女性活躍推進法)

令和2年1月6日

女性が就業を継続し、活躍できる雇用環境の整備を行うため、次の計画を策定する。

計画期間

令和2年2月1日 ~ 令和7年1月31日の5年間

内容

目標:女性労働者の割合を増やす。(会社全体での女性技術者の就業割合を8%以上)
<現状及び対策>
  • ・現状(令和元年12月現在)
    業種が建設業ということで、従業員の大半が現場に従事する技術者である。
    建設業全体に言えることだが、女性技術職希望者が極端に低いこともあり、当社でも全社員の女性の占める割合は、約18.7%である。
    また、女性技術職は全社員の約4.3%と低い。
    ※全社員160名 男130名 女30名(内技術者7名)
  • ・対策(取り組み)
    令和2年2月~
    インターンシップの受け入れを建築・土木などの専門学部だけでなく全学部を対象にする。
    介護・出産等の家庭の理由で退職した女性技術者の再雇用を積極的に行う。
    令和2年3月~
    就活での合同会社説明会及び会社説明会などで、「女性技術者積極採用」とアピールし女性技術者の拡充を図る。
    令和2年6月~
    採用実績のある学校へ出向き会社の紹介・インターン募集のチラシ等の案内をする。
    令和3年3月~
    学校内会社説明会に参加し幅広く技術者の募集を行う。
このページの先頭へ