品質・環境方針

  1. 3Q6Sを基本精神とする

    3Q:良い社員・良い製品・良い会社 / 6S:整理・整頓・清掃・清潔・作法・しつけ

  2. 顧客満足の向上を図る

  3. 社員の技術力向上を図る

  4. 企業活動を通じて地域社会に貢献する

  5. 安全管理・労働災害防止を積極的に取り組む

  6. 環境に配慮した工法・商品を提案し環境改善に貢献する

  7. ICT(情報通信技術)の利活用を促進する

  8. 環境美化活動に積極的に取り組む

適用及び引用規格
JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)
JIS Q 14001:2015(ISO 14001:2015)

適用範囲
(品質・環境マネジメントシステム:QMS/EMS)「土木構造物・建築構造物の施工及び設計、不動産開発に関わるサービスの実施」

一般事業主行動計画

平成31年4月1日

社員が仕事と家庭(子育て含む)を両立させることができ、働きやすい環境を作ることにより、
全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日 ~ 令和元年5月31日の3年2ケ月間

内容

目標1:産休・育休の相談が気軽にできるように個別相談のできる窓口の設置と、妊娠中・産後の健康管理に関しても周知する。
<対策>
  • ・平成30年4月 ~ 従業員のニーズ確認
  • ・平成30年8月 ~ ニーズ確認で担当者は女性が良いと確認し、女性2名を担当とした相談窓口を設置。
    窓口設置案内及び妊娠中・産後の健康管理についての周知方法として
    案内書を各部に配付及び当社のホームページ「社員用様式ダウンロード」にも掲載する。
目標2:社員に対し育児・介護休業法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知を行う。
<対策>
  • 平成30年8月 ~ 案内を各部に配布及び当社ホームページ「社員用様式ダウンロード」にも掲載する。
    また、給付金制度に関しては相談窓口で対応する。
目標3:若年者に対して建設業に興味を持ってもらう為、インターンシップ等や見学会を実施する。
<対策>
  • ・平成30年4月 ~ インターンシップ受け入れ先である現場作業所の意見を確認。
  • ・平成30年7月 ~ 学校を訪問しインターンシップ受入開始を案内し、当社HP等でもインターンシップ受入開始を掲示する。
目標4:仕事と家庭の両立のため時間外労働を削減する。
<対策>
  • ・平成30年3月 ~ 各部門長に対しノー残業デー実施の提案を行い問題点や意見の確認を行う。
  • ・令和元年5月  ~ ノー残業デーの導入及び実施。周知は書類の配布及び当社ホームページ「社員用様式ダウンロード」でも行う。
目標5:子育て支援のため小学校就学前の子を持つ従業員が、所定労働時間の変更を申し出た場合は
本人の希望通りの時間に変更する。また、所定外労働時間の制限を申し出た場合は所定労働時間超える労働をさせない。
<対策>
  • ・平成30年3月 ~ 3歳から小学校未就学までの子を持つ従業員よりニーズの確認
  • ・令和元年5月  ~ 就業規則の改定を行い当社ホームページ「社員用様式ダウンロード」に掲載により周知する。
このページの先頭へ